イケア製品の組み立て
壁固定ネジの選び方/取り付け
製品を安全にご使用いただくために、イケアでは組み立て説明書に壁固定の記述がある製品については、壁への固定をお願いしています。
壁固定用のネジは、取り付け面の材質や構造によって使用するネジの種類が異なるため、付属していません。壁の材質に適したネジをお選びいただくために、基本的な壁の構造と材質の調べ方や、材質ごとのネジの選び方などをご紹介します。
※ 壁・天井の材質や耐荷重について、また、安全な家具の取り付け方法についてご不明な点がある場合は、お近くの専門業者にお問い合わせください。
壁固定ネジの選び方/取り付け
壁の構造と材質を調べる
壁固定をおこなうには壁の構造と材質を調べる必要があります。
お客さまご自身で調べる方法として、次の3つのステップがあります。
※建物の工法によっては構造が異なりますので、あくまでも判断の目安としてください。ご自身での判断に不安がある場合には、お近くの専門業者にご相談ください。
※ 建物の工法によっては構造が異なりますので、あくまでも判断の目安としてください。ご自身での判断に不安がある場合には、お近くの専門業者にご相談ください。
目視による判断1音による判断2ピンなどの細い針などを差してみる3
目視による判断
壁材がコンクリートなのか、木材なのか、壁紙が貼られているのかを目視で確認します。
音による判断
壁に壁紙が貼られている場合には、目視での判断が難しいため、壁をノックして音を聞いてみましょう。ペチぺチというような、詰まった固い音の場合は、コンクリートに直接壁紙を貼っている可能性が高く、コンコンというような、壁の裏側に響くような音の場合は、石膏ボードや木材の壁に壁紙を貼っている可能性が高いです。
ピンなどの細い針などを
差してみる
がびょうなどの細い針を壁の目立たない場所に刺してみます。刺さらなかった場合、上下左右をずらして何回か試してみましょう。それでも刺さらなければ、ステップ2で確認した音と合わせてコンクリートと判断してよいでしょう。
ピンが刺さる場合は、先端部分を見て白い粉がついていれば石膏ボードの壁、粉がつかない場合は、木材の壁に壁紙を貼っていると考えられます。
下地探し壁裏センサー
下地の位置や電気配線の位置を確認するのに便利なツール
電気配線の位置にはネジを打つことができないので注意が必要です。
下地や電気配線の位置の確認には、市販されている壁裏センサーや下地探しを使用するのも便利です。
下地探し
壁裏センサー
壁に針を刺して下地を探す方法。下地以外の部分には針が刺さるが、下地部分に刺すと針が途中でとまります。石膏ボードの厚みを測る機能が備わっているものもあります。
センサーを壁に沿わせると、下地部分を感知して知らせてくれます。下地材の種類や厚み、壁裏の電気配線の位置なども感知できる機能が備わっているものもあります。
壁固定ネジの選び方 : 壁の構造と材質を調べる | ネジの選び方(石膏ボード・木材・コンクリート・金属) | イケアで取り扱いのネジとプラグ
材質にあったネジの選び方
壁固定に使用するネジは、一般的に4~5㎝程度の長さがあれば望ましいです。ただし、取り付け面の材質や下地の状態によって耐荷重が異なるのでご注意ください。たとえば石膏ボードの壁は、木材やコンクリート、レンガの壁に比べ耐荷重性に劣ります。
ネジの太さは、付属の壁固定具の穴の径よりも細いもの、ネジ頭は固定具の穴の径よりも大きいものを選んでください。
石膏ボード
石膏(せっこう)を主成分とした材料で、日本の戸建てやマンションによく使われています。壁の裏側に下地の入ったところ以外の部分は中空構造です。表面の石膏ボードは崩れやすくネジが効かないため、下地の入った位置にネジを打ちましょう。下地となる素材は、木材や金属、コンクリートなどがあります。ネジを打つときは、下地の材質に合ったネジやプラグを使用してください。
壁固定のネジを止める位置に下地が入っていない場合は、石膏ボード用のアンカープラグを使用して、中空となる位置にネジを固定する必要があります。ただし、耐荷重性に劣るため、家具の固定にはあまりおすすめできません。また、GL工法といった下地材を使わず団子状にしたボンドに石膏ボードを貼り付けている構造の壁の場合にも、家具の固定にはおすすめはできませんのでご注意ください。
強度を上げたい場合や吊り戸棚などを壁固定する際には、お近くの専門業者にご相談いただくことをおすすめします。
木造住宅(軸組)の場合
木造住宅(軸組)の場合
マンション(GL工法)などの場合
マンション(GL工法)などの場合
石膏ボード用のアンカープラグとは?
石膏ボード用のアンカープラグといっても種類はさまざま。例えば、壁裏で羽が開いて固定するトグラーアンカーや先端がするどいキリ状になっている下穴不要のアンカーなど。石膏ボードは他の材質に比べると耐荷重性には劣りますが、トグラーアンカーなら他のプラグと比べて若干、強度は高くなります。
石膏ボードの厚さは、一般的に12.5mm、9.5mmが多く使用されています。石膏ボードの厚みによって使用するアンカープラグのサイズが異なるため、購入の際は、石膏ボードの厚みも忘れずに確認しましょう。
アンカープラグ
イケアのFIXA/フィクサ ネジ&プラグセット
含まれるネジを使用する場合、直径8mmのプラグが使えます。
トグラーアンカーの取り付け手順
1234
壁にドリルで下穴を
開ける
アンカーの先を閉じて、ハンマーで軽く叩き穴に埋め込む
専用のピンで羽を開く
取り付け面の上から
ネジで固定する
木材
厚みのある木材の壁や、石膏ボードの下地が木材の場合には、木ネジ(もくねじ)というネジで直接打ち込むことができます。ほとんどの場合、下穴を開けたりプラグを使用する必要はありませんが、厚みが11mm以下の場合は、石膏ボードに固定する際と同じように、壁の奥の下地材に対して固定をおこなってください。
木材
イケアのFIXA/フィクサ ネジ&プラグセットに含まれるネジを使用する場合、木材用の直径5mmのネジが使えます。
コンクリート
コンクリートは素材がくずれやすくビスが効きずらいため、プラスティック製やナイロン製のコンクリート用アンカープラグが必要です。プラグが広がり隙間を埋めるため、しっかりと固定されます。
コンクリート
イケアのFIXA/フィクサ ネジ&プラグセットに含まれるネジを使用する場合、直径8mmのプラグが使えます。
コンクリート用アンカープラグの取り付け手順
ネジはプラグよりも長いものを使用し、下穴はネジの長さに合わせて長めに開けましょう。
コンクリートに下穴を開けるには、振動ドリルやハンマードリルが必要です。
123
壁にドリルで下穴を開ける
ハンマーで軽く叩きながらビスをねじ込む
ビスをねじ込めたら完成です。
のFIXA/フィク ハンマードリル, リチウムイオンバッテリー
コンクリートの穴開けには
FIXA/フィクサハンマードリル が便利
コンクリートやレンガ、石への穴開けに使用できるハンマードリルです。付属の交換用チャックに交換すれば、木材やプラスチックへの穴開け作業(振動なし)にも使用できます。
FIXA
ハンマードリル,
リチウムイオンバッテリー
¥ 7,999
金属(LGS)
金属(LGS)
石膏ボードの下地がLGS(軽量鉄骨)など金属の場合は、首までネジ山のあるタッピングネジを使用します。
ドリルでネジの径よりも小さな径で下穴を開け、電動ドライバーを使用してネジを締めましょう。
壁固定ネジの選び方 : 壁の構造と材質を調べるネジの選び方(石膏ボード・木材・コンクリート・金属) | イケアで取り扱いのネジとプラグ
イケアで取り扱いのネジとプラグ
イケアで取り扱いのFIXA/フィクサ ネジ&プラグ セットは、木材、石膏ボード、コンクリート、レンガの材質に対応しています。
付属しているネジ&プラグの種類は、丸頭ネジ、スクリューネジ、プラスチック製のアンカープラグです。
FIXA/フィクサ シリーズをすべて見る
FIXA/フィクサ ネジ&プラグ 260個セット
FIXA
ネジ&プラグ 260個セット
¥ 699
製品の組み立て
製品の組み立て
製品の組み立てのポイントや、家具のお手入れなどについてご紹介しています。
詳しく見る