メインのコンテンツにジャンプ
Product Recycling Fund
The price of this item includes a contribution to a Product recycling fund to ensure that waste electrical and electronic equipment is collected and recycled in a responsible manner.

ストレスのないリビングルームをつくる方法

20-8-2017
忙しいスケジュールから解放され、永遠に終わらないやる事リストを忘れられるリビングルームがほしいと思いませんか?心を鎮め、リラックスするための「禅」のスペースをつくる方法を紹介します。
「Zen(禅)」の感覚を取り入れたリビングルームデコレーションにしたいと思いませんか?ブラックのIKEA PS 2017ロッキングチェアのように、ぬくもりのあるカラーで座り心地のよいローシートで、ナチュラルに仕上げます。ボウル型のテントをイメージした形。たっぷり余裕があるので、ふわふわしたクッションやソフトなブランケットを置いてゴロゴロするのにピッタリです。
シンプルさを柔軟に考えてみましょう。壁を同じ色でペイントします。目にやさしく、ローズピンクのようにアースカラーに近いトーンが望ましいでしょう。ニュートラルカラーを1、2色アクセントにあしらい、淡色のアイキャッチャーにミックスします。無地のパイン材、バーチ材合板、海草、麻など、植物やナチュラルな再利用可能な素材を使い、自然に近い感覚を演出します。
イケアでは、リビングルームのデコレーションのヒントを豊富に用意しています。リラックス感を演出したい場合は、ブラックのIKEA PS 2017ロッキングチェアのように、ボウル型のパパサンを選びましょう。ローシートにクッションとラグを合わせてオープンシェルフと収納ボックスを使って、ディスプレイと整理整頓
収納の後ろの壁のペイントをあえて見せて、穏やかな統一感をつくる統一感のあるオープンシェルフがあれば、すべて解決。壁面収納をコーナーや窓の上に置いてもステキです。自分の一番大切なアイテムをグループ分けします。手元に置いておきたいけれど、ボックスを使って隠したい物を整理します。さらに統一感をもたせるために、家具やオブジェを近い色にそろえ、(背表紙ではなく)ページを手前に向けて本を棚に並べます。コツは、すべてをかたづけることです。
落ち着きのあるホームインテリアのため、横置きのVEBERÖD/ヴェベロード スチールとバーチ材のシェルフユニットなど、オープンシェルフを検討してみましょう。オープンなので壁の色が引き立ち、部屋に落ち着きをもたらします。収納ボックスを使って整理整頓
リビングルームに観葉植物を置くと、空気を浄化し、酸素を放出するだけでなく、気分を落ち着けてくれます。イケアでは、白い陶器のMUSKOT/ムスコットなど、豊富な種類の植木鉢をとりそろえています。フレームのように見立てた窓に、上、下、或いは横切るように植物を飾ってみませんか。
ストレスを和らげてくれる自然を周りに置きます。観葉植物は空気を浄化し、酸素をつくってくれるだけでなく、インテリアに色、質感、奥行感をもたらす効果もあります。上から植物をつるしたり、下に植木鉢を置いたり、横切るように張ったワイヤーにエアープランツを結んで、窓辺を飾りましょう。もちろん花が咲く植物もよいですが、扱いやすい観葉植物を選びました。
背が低く、配置を変えやすい家具をそろえ、キャンプファイアを囲むような感覚で座りましょう。場所を取るソファの代わりに、「ゴロンと丸くなれる」ユニークなロッキングチェアを置きます。ソフトなひざ掛けと大きなモコモコのクッションをたくさん並べたラグでゴロゴロします。(フックで収納できるように、布のループを縫い付ける)スタック式スツールはサイドテーブルとしても使えます。
リラックスできるリビングルームでは、クッション、スタック式スツール、イケアのボウル型ロッキングチェアをミックスして、ローシートのレイアウトをつくります。それぞれ好きなスタイルで座れます。平織りの麻のLOHALS/ローハルスなど、ラグも忘れずに。
デザインチーム
インテリアデザイナー: Elin Stierna
撮影: Andrea Papini
文: Fredrik Cederholm/Marissa Frayer