メインのコンテンツにジャンプ
Product Recycling Fund
The price of this item includes a contribution to a Product recycling fund to ensure that waste electrical and electronic equipment is collected and recycled in a responsible manner.

自宅で簡単にできる節水テクニック

21-6-2017
毎日環境のことを考えて生活できればよいのですが、そう簡単なことではありません。そこで、特に意識をすることなく節水して大きな効果につなげる6つの方法を紹介します。
チェリートマトを入れた水切りざるホルダー、シンクに置いたプラスチックの洗い桶
1.水を容器に入れて冷蔵庫で冷やしておく。冷たい水を飲みたいとき、蛇口から出る水が冷たくなるまで出しっぱなしにするのは、単なるムダ使いです。夕食には水差しやフィルター付きのピッチャーを出しましょう。また、家族それぞれの名前を貼った再利用可能なボトルに水を冷やしておくとよいでしょう。いつでも、必要な時に冷たい水が飲めます。
家族一人ひとりの水のボトルと水差しが入った冷蔵庫を開けたところ
2.果物や野菜を洗う場合は水切りざるを使い、その下の桶に水がたまるようにして、水を節約します。たまった水は食器洗いや植木の水やり(ただし、洗剤が入っていないこと)に利用します。
トマトをシンクで洗い、その水を桶にためて植木の水やりに使うまでを示すGIF画像 
3.熱いシャワーを浴びている時は、時間の感覚も水をムダ使いしていることも忘れがちです。好きな曲をタイマー代わりにセットし、音楽が止まったら、シャワーは終了。その他の節水テクニックは?家族みんなでシャワーを浴びましょう。きっと楽しい時間が過ごせますよ。
シャワーの隣の小さなプラスチックの容器にスマートフォンを入れ、音楽を再生
4.歯を磨いている間、水を出しっぱなしにするのをやめましょう。コップに水を入れて、口をすすぐだけで十分です。
バスルームのシンクに置いた歯ブラシと小さなプラスチックのマグカップ
5. トイレでも節水の工夫ができます。トイレットペーパー以外の物を流すと、詰まることがあります。ゴミ箱をそばにおいて、トイレットペーパー以外のものは流さないようにしましょう。
トイレの便器のそばに置いたミニマリスト的デザインの白のゴミ箱
6.洗濯の回数を減らす。 本当に汚れている時以外、一度着ただけの服を毎回洗う必要はありません。風に当てて陰干しして、クローゼットにしまいましょう。洗濯機の容量をムダにしないように、一度に洗濯を済ませてしまいましょう。
白い部屋の物干しラックに干した洗濯物
デザインチーム
インテリアデザイナー: Marianne Eriksson
撮影: Sandra Werud
文: Vanessa Algotsson