メインのコンテンツにジャンプ
Product Recycling Fund
The price of this item includes a contribution to a Product recycling fund to ensure that waste electrical and electronic equipment is collected and recycled in a responsible manner.

イケアを表現したジンジャーブレッド作品

06-11-2017
おいしいジンジャーブレッドで、食べられるクリスマスデコレーションをDIYしませんか? 失敗したら食べちゃいましょう! 今年はイケアをインスピレーションにしたジンジャーブレッドハウスをつくることになり、イケアのアイデアラボ(IKEA IKEAS lab)をクッキーで再現してみました! ぜひチェックしてください。
ジンジャーブレッドハウスのリビングルームに置いたイケアのソファ、テーブル、ラグ
キッチンでジンジャーブレッドハウス用の生地をのばす男性と女性
デジタルデザイナーのLasseとインテリアデザイナーのGenevièveは、このアイデアを思いついたチームのメンバーです。イケアのアイデアラボが今年ご紹介するのは、壁4面に囲まれた屋根付きの伝統的な家ではなく、壁が2面のスタジオスタイルのリビングルームに、イケアの象徴的な家具のミニチュア版を配したジンジャーブレッドハウス。Genevièveはジンジャーブレッドハウスづくりは初めてということで、Lasseがリードしました。
「イケアのものをつくるにしても、四角いイケアストアではなくて、もっとつくりがいのあるものを探していました。ドールハウスのアイデアは正解でしたね」
Lasse、デジタルデザイナー
始める前に必要なものを用意します。今回は以下のものを使用しました。

既製のジンジャーブレッドクッキー生地
ベーキング天板
ベーキングシート
ハサミ
ヘラ
のし棒
ピザカッター
パイピング用口金付き絞り袋
ナイフ
木の棒2本
KLIPPAN/クリッパン ソファの型紙
粉砂糖
グラニュー糖
卵白
生地、のし棒、ジンジャーブレッドハウスづくりに必要な道具を上から見た画像
左右に薄い棒を置いて均一にのばしたジンジャーブレッド生地を上から見た画像
軽く打ち粉して生地をのばすときのポイントは、作業しやすい薄さで、しかも簡単には破けない厚さがあること。初心者の場合は、木の棒(厚さ約3mm)2本を生地の左右に置き、生地が棒と同じ厚さになるまでのばしていきます。これで厚さ3mmの生地ができます。この生地を使って自分のつくりたいものをいろいろつくってみましょう!
壁2面には長方形の生地を、フローリング材には細長い小さな生地を使っています(生地を何度かに分けて焼き、色のバリエーションを出しています)。LACK/ラック テーブル、KOLDBY/コールドビー カウハイドのラグ、それからプレゼントも2~3個あります。自分でもKLIPPAN/クリッパン ソファを焼いてみたい? ステップバイステップガイドをチェックしましょう。接着用にグラニュー糖(適量)をフライパンに入れて溶かします。接着中のパーツを支えるため、手持ちのボール紙やパッケージ材を使いましょう。Lasseが木材を使ったのは、本物のスタジオのどこにでもあるからです。
ジンジャーブレッド製の小さなイケアソファを組み立てる男性
木製フローリング材に見えるように小さく切ったジンジャーブレッドを上から見た画像木製フローリング材に見えるように小さく切ったジンジャーブレッドを上から見た画像ジンジャーブレッドでつくった小さなKOLDBY/コールドビー カウハイド
ゼラチンシートに白いフロスティングをデコレーションした、ジンジャーブレッドハウスの窓の拡大画像
かわいらしく仕上げるため、建築ディテールをフロスティングでプラスしました(縁のデコボコを隠すのにも便利です)。GenevièveとLasseが使ったフロスティングは、卵白、酢、粉砂糖を泡立て、絞り袋に入れてパイピングしたもの。上から粉砂糖を雪のように少し振ったり、ゼラチンシートを窓ガラスにしたり、キャンディーをクッションやウォールアートにしたり、小さなクリスマスツリーを置くのもおすすめ! このほかにもイケアをインスピレーションにして、いろんなジンジャーブレッドハウスをつくってみてください!
「パーツが焼き上がるのを待つ時間が最高でした。
スタジオ中がジンジャーブレッドの香りに包まれて!」
Geneviève、インテリアデザイナー
ジンジャーブレッドハウスのリビングルームにあるイケアのソファ、テーブル、ラグ、小さなクリスマスツリー、プレゼントの拡大画像
お客さまがイケア製品をいろいろ工夫して使ってくださるのは、私たちにとってうれしいかぎりです。ただし、イケア製品に手を加えたり改造したりして、本来の用途で再販売や使用ができなくなった場合は、イケアの品質保証は適用されず、商品を返品する権利も失われることになりますので、その点はご承知おきください。
デザインチーム
インテリアデザイナー:Geneviève Jorn
写真家:Micke Persson
ライター:Marissa Frayer