メインのコンテンツにジャンプ
Product Recycling Fund
The price of this item includes a contribution to a Product recycling fund to ensure that waste electrical and electronic equipment is collected and recycled in a responsible manner.

世界を味わう旅に出よう

05-7-2017
家に居ながらにして旅気分を味わってみませんか? 世界中のいろいろな味をちょっとずつ食べれたら楽しいですね。イケアのアイデアチームは、旅からインスピレーションをもらってタパススタイルの食のフェスタを企画しました。レシピ開発者でフードスタイリストの Louise Ljungが人気の土地や料理にちなんだレシピを考案、イケアのインテリアデザイナー、 Nathalie Kamkumがレシピに合わせてテーブルセッティングしました。家族、友達、隣人とのひとときに、職場のランチにと活躍しそう。気軽な持ち寄りパーティならなおぴったりです。盛り付けも不要。スナック感覚でどうぞ。
4つのテーブルを並べて、それぞれに違うテーブルセッティングとお料理がのっているところを上から見たところ
竹の蒸し器の中に入ったサーモン餃子とボウルに入ったソース
日本は、Nathalieがまたいつか訪れたい大好きな国。「日本で食べた餃子が本当においしかった。餃子は国によっていろいろな特徴がありますが、日本の餃子は何度も食べました」。でも家で何回かつくってみましたがあまりうまくいきませんでした。「Louiseから、蒸籠に敷き紙を敷いて蒸すコツを教わりました。こうすれば餃子の皮がくっつくこともありません」 。Nathalieは餃子のテーブルセッティングに竹やコルクなど自然の素材を合わせ、ホワイトバーチのテーブルに白いプレートを使って明るい雰囲気にしました。
餃子と漬けだれのレシピをダウンロードする
「最近、食への関心が高まっています。人は新しいものに好奇心を抱き、試してみたくなるもの。旅はそのための絶好の機会です」
Louise Ljung、レシピ開発者&フードスタイリスト
デジタルデザイナーのLasseは、食べ物とワインが豊富なスペインへの旅に憧れています。Lasseのおすすめはパエリヤ。年に何回もつくりますがよくつくるのは夏です。「パエリヤは、風味豊かな食材がそろったすばらしい料理です」。Louiseのレシピは、Lasseのレシピとは少し違って、グリーンピースとスライスしたレモンを加えます。「レモンを加えたらとってもさわやかな味になりました」。このレシピは大人数につくりたいときに便利なうえ予算に応じて調整できるので、Louiseお気に入りのレシピです。Nathalieは、パイン無垢材のテーブルにパエリヤパンのような丸い大きなプレートで盛り付けて、カジュアルな雰囲気にしました。
パエリヤのレシピをダウンロードする
大きなボウルに入ったパエリヤがのったテーブルを上から見たところ
ソーセージストロガノフの入った鍋とご飯の入ったボウルののったテーブルを上からみたところ
スウェーデンにはこんな言い伝えがあります。「旅に出るのもいいけれど、家で過ごすのがとにかく一番(スウェーデン語では韻を踏んだステキな表現になっています)」。イケアのエディター、Lindaは、時をさかのぼる旅という発想で子どものころ家で過ごした記憶をよみがえらせてみようと考えました。Lindaが思い浮かべたのは祖母がよくつくってくれたスウェーデンの伝統料理、ソーセージストロガノフ。「この料理は私にとってなつかしの味。風味とにおいが大好きです」。Nathalieは、フライパンのまま食卓に出すことで、レシピのシンプルさと当時の雰囲気を大切にしました。
「私はタパススタイルのテーブルセッティングが気に入っています。レストランみたいにやらなきゃと気負う必要が全くないからです。このスタイルだとどんなことにもトライできます」
Linda Harkell、エディター
私は、アメリカへの旅に憧れます。夏の日に古いオークの木陰でバーベキューをしてみたいですね。歴史的な建造物や芸術、たくさんの公園があるジョージア州のSavannah市へも行ってみたいですね。Louiseは、ベジタリアンである私が考案した野菜の串焼きのレシピに、ネクタリンを付け加えました。これが意外なことに甘くて美味しくて。そこにピリ辛のマヨネーズを添えたら、絶妙なアクセントに。Nathalieは、まな板の上に盛り付けてボウルに入れたディップとともにそのまま食卓に並べて、手軽なバーベキュー気分が味わえるようにしてくれました。
まな板の上に野菜の焼き串、ボウルにはディップソースののったテーブルを上から見たところ
タパススタイルのお皿の乗ったテーブルを上から見たところ
デザインチーム
インテリアデザイナー: Nathalie Kamkum
レシピ開発者& フードスタイリスト: Louise Ljung
デジタルデザイナー: Lasse Johansson
文: Marissa Frayer
写真: Andrea Papini
編集: Linda Harkell