メインのコンテンツにジャンプ
Product Recycling Fund
The price of this item includes a contribution to a Product recycling fund to ensure that waste electrical and electronic equipment is collected and recycled in a responsible manner.

残り物を上手に使うおすすめのレシピ

25-9-2017
自分が思っている以上にゴミ箱行きになっている食材は多いもの。そこにもっと目を向けましょう。イケアのアイデアチームでは、残った料理や熟れ過ぎた果物、古くなりかけた野菜、賞味期限の近い食材などを使って、とっておきのレシピを考えました。ぜひお試しください!
熟れすぎたバナナが玉子、砂糖、小麦粉などの材料の隣に
新鮮な果物や野菜の隣に青汁
エネルギーをチャージするスーパージュース
フルーツや野菜を早く使い切るには、ジュースやスムージーが一番。特に週末までに使い切れずにダメになってしまいそうなときは重宝します。それにビタミンも豊富。どんな野菜や果物でもOKですが、リンゴ、ミント、ブドウ、ホウレンソウ、ケールが適しています。タマネギはあまりオススメしません。
新鮮な果物と野菜女性が新鮮な果物と野菜のあるそばで青汁をつくっているところ女性二人が青汁を飲んでいるところ
木製のまな板の上に、焼きたてのマフィン
Ceciliaのブラウンバナナマフィン
イケアのデザイナー、Ceciliaの家族には、お姉さん直伝のレシピ が家族に大人気。Ceciliaによれば、バナナは茶色くなるくらい熟したほうが風味が出ておいしくなります。Ceciliaも子供たちも、冷たいミルクと一緒に午後のおやつに食べるのがお楽しみ。
ストライプのシャツを着た女性がマフィンをつくっているところマフィン型にスプーンでタネを入れているところバナナ、バター、砂糖、泡だて器
「茶色くなったバナナを使い切れるのがこのマフィンの優れたところ。家では、子供たちと午後のおやつに食べるのがお楽しみなの」
Cecilia、デジタルデザイナー
焼き飯の上にもやしを乗せようとしているところ
Jamieのナシゴレン(インドネシア風フライドライス)
私の レシピ は、お米と前の晩の残り物でつくるインドネシアの典型的な朝食からヒントを得たもの。わが家ではたいてい夕食につくりますが、野菜や肉の炒め物の残りを加えてもおいしくなります。トウガラシやスプラウトをお好みで加えてもいいでしょう。最後に目玉焼きを乗せれば完ぺきです!
調理台にご飯、鶏肉、もやしなどの材料が乗っているエプロンをした男性がセロリを刻んでいるところ焼き飯を炒めているところにソースを掛けているところ
「気がつくとしょっちゅうこれをつくっています。残りもののご飯や炒めた肉、野菜をラクに使い切れる方法ですが、とても新鮮な味がするし、ソースが素晴らしい役割を果たしてくれてます」
Jamie、ライター
ラズベリー入りのデザートにメープルシロップをスプーンで振りかけているところ
Genのパンペルデュ・デザート
パンペルデュはカナダのスタイリスト、Genが大好きなほっとする家の食べ物のひとつ。このレシピは残ったパンをつかって、オーブンで焼いてあつあつのところに新鮮なフルールとメイプルシロップをかけて食べます。寒い冬の夜、ほっと一息入れたいときにぴったり。
テーブルの上にパン、砂糖、ラズベリー、玉子が乗っているパンを小さく切った上に、生地を注いでいるところボウルにカットしたバターを入れているところ
「残りもののパンを使いたいときにぴったりです。でも、私の場合、メイプルシロップをテーブルに出す理由にもなっています」
Gen、スタイリスト
イケアのアイデアのラボで、一緒に食事をしている人たち
制作
写真:Mats Ekdahl
インテリアデザイナー:Geneviève Jorn
デジタルデザイナー:Cecilia Englund
文:James Rynd
編集:Linda Harkell