メインのコンテンツにジャンプ
Product Recycling Fund
The price of this item includes a contribution to a Product recycling fund to ensure that waste electrical and electronic equipment is collected and recycled in a responsible manner.

夏物の衣類を上手に収納する方法

04-9-2017
夏が終わるということは、サンダルや麦わら帽子をかたづけて、スカーフやセーターを取り出す時期だということ。でも、秋冬物をひっぱり出す前に、まずは夏物の衣類の上手な収納方法を確認しましょう。来年また太陽が輝く季節になったら、さっと取り出してすぐに着られる収納方法を紹介します。
夏が終わるということは、サンダルや麦わら帽子をかたづけて、スカーフやセーターを取り出す時期だということ。でも、秋冬物をひっぱり出す前に、まずは夏物の衣類の上手な収納方法を確認しましょう。
衣類の収納には一定の室温で乾燥した場所が最適。できれば、地下や屋根裏ではなく、室内に保管するのがおすすめ。きれいに洗濯して完全に乾かしたら、ふんわりと畳んで通気性のよいボックスに収納しましょう。
まずやるべきことは収納に適した場所をさがすこと。衣類の収納には、一定の室温で乾燥した場所が最適です。できれば、地下や屋根裏ではなく、室内に保管しましょう。まずはきれいに洗濯して完全に乾かしたら、ふんわりと畳んで通気性のよいボックス(布製がおすすめ)に収納します。パンツやシャツ、靴など、種類ごとに別々のボックスに入れておけば、次に探すのがラクになります。
デリケートなサマードレスはつるして収納。衣類カバーをかぶせるか、ドレスの上に清潔なコートを掛けるのがおすすめ。衣類の傷みを防ぐには木製ハンガーを使いましょう。ワイヤーハンガーの場合は、布や薄葉紙(うすようし)を巻いてからドレスをつるします。
デリケートなサマードレスはつるして収納します。そのとき、衣類カバーをかぶせるか、ドレスの上に清潔なコートを掛けるのがおすすめ。衣類の傷みを防ぐには、木製か布製のハンガーを使い、衣類と衣類の間に薄葉紙(うすようし)をはさむとよいでしょう。
夏用の靴やサンダルはきれいにお手入れしたら、別々なボックスに入れて収納。これなら型崩れも防げます。
夏用の靴やサンダル はきれいにお手入れしたら、別々なボックスに入れて収納。これなら型崩れも防げます。下駄箱がいっぱいになったり、収納ボックスが足りなくなったら、壁に伸縮ゴムを張って収納するアイデアも悪くないかも?
つばの広い帽子はブラシをかけたら、上下さかさにして箱に入れます。クラウン(帽子の山)に薄葉紙(うすようし)を丸めて入れておけば型崩れも防げます。
帽子用のボックスを重ねたものを、シンプルなナイトスタンドとして使うのも、省スペースの楽しいアイデア。
つばの広い帽子 はブラシをかけたら、上下さかさにして箱に入れます。クラウン(帽子の山)に薄葉紙(うすようし)を丸めて入れておけば型崩れも防げます。帽子用のボックスを重ねたものを、シンプルなナイトスタンドとして使うのも、省スペースの楽しいアイデアです。
スーツケースはすばらしい収納スペース スーツケースは旅行にはなくてはならないもの。でも部屋にあると場所をとって困ることも。それなら、いっそスーツケースを収納として使ってみたら?スーツケースが古いものなら、内側に中性の薄葉紙(うすようし)を敷いてから衣類を収納します。虫よけにラベンダーやシダーブロックも入れましょう。
スーツケースはすばらしい収納スペーススーツケースは旅行にはなくてはならないもの。でも部屋にあると場所をとって困ることも。それなら、いっそスーツケースを収納として使ってみたら? スーツケースが古いものなら、内側に中性の薄葉紙(うすようし)を敷いてから衣類を収納します。虫よけにラベンダーやシダーブロックも入れましょう。